口座振替

銀行引き落とし対応MVNOの料金プラン比較│UQモバイルVS楽天モバイル

銀行引き落としに対応しているMVNOなら、クレジットカード不要な為、ブラックリスト入りしていても、契約が可能です。

そこで、銀行引き落とし対応のMVNOの中でもシェアの高い2社「UQモバイル」と「楽天モバイル」の比較をしてみたいと思います。
格安SIMシェアTOP5に入るmineoも比較対象に入れようかと思ったのですが、銀行引き落としで契約するにはeo光契約者限定という縛りがあるため、多くの方が銀行引き落としで契約出来ないため、却下しました。

UQモバイルと楽天モバイルの料金プラン比較

UQモバイルで人気の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」
楽天モバイルで人気の「スーパーホーダイ」プランを比較しています。

月額料金 容量 UQモバイル 楽天モバイル
プランS 2GB/月 1,980円 1,980円
プランM 6GB/月 2,980円 2,980円
プランL 14GB/月 3,980円 3,980円

月額料金と月間の高速通信容量は全く一緒ですね。

つづいて、通話料金を比較していきます。

通話料金の比較

楽天モバイルのスーパーホーダイプランが5分かけ放題に対し、
UQモバイルは5分かけ放題の「おしゃべりプラン」と、無料通話がついてくる「ぴったりプラン」から選択できるようになっています。

プラン UQモバイル 楽天モバイル
ぴったりプラン おしゃべりプラン
プランS 無料通話60分 5分かけ放題 5分かけ放題
プランM 無料通話120分
プランL 無料通話180分

無料通話を超過した分や5分以上を超過した分の通話料に関しては、どちらも20円/30秒となっています。

ただし、「楽天でんわ」アプリを利用することで、通常の通話が10円/30秒となります。
※UQモバイルや他社MVNOでも、楽天でんわアプリは利用可能です。

上手な活用法

UQモバイルのおしゃべりプランと楽天モバイルのスーパーホーダイの場合には、5分以内の通話がかけ放題ですので、通話開始から5分が経過する前に一旦終話して、サイドかけ直すということを繰り返すことで通話料を掛けずに通話が可能です。

UQモバイルのぴったりプランに関しては、無料通話を使い切ってしまった段階で、その月の月末までは、楽天でんわアプリから発信することで、通話料を節約できます。

初期費用・解約違約金の比較

初期費用や解約時に発生する解約手数料を比較していきます。

楽天モバイルは契約時に、契約期間を選択できるようになっており、契約期間満了までの期間によって解約手数料(契約解除料)が変動します。
長い契約期間のプランはキャッシュバック額が大きい代わりに、契約解除料が高額となっています。

項目 UQモバイル 楽天モバイル
契約事務手数料 3,000円 3,394円
最低利用期間 2年間 12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月
(契約時に選択できる)
契約解除料 9,500円 9,800円(契約満了まで12ヶ月以内)
19,800円(契約満了まで13~24ヶ月)
29,800円(契約満了まで25ヶ月以上)
MNP転出手数料 3,000円 3,000円

キャッシュバック額の比較

UQモバイルと楽天モバイルはどちらもキャッシュバックキャンペーンを開催しています。
キャッシュバックに関して、両MVNOの金額や条件を比較していきます。

UQモバイル 楽天モバイル
プラン CB金額 プラン CB金額
プランS 10,000円 1年契約プラン 0円
プランM 11,000円 2年契約プラン 10,000円
プランL 13,000円 3年契約プラン 20,000円

どちらもキャッシュバック額は似たり寄ったりですが、楽天モバイルを3年契約した場合2万円キャッシュバックとかなり高額になっています。

UQモバイルは、キャッシュバック特典ページからの申し込みが必須条件となっていますので、ご注意ください。
上記の比較表のリンクは、キャッシュバック特典ページへリンクしています。

通信エリア・通信速度の比較

UQモバイルはau回線、楽天モバイルはdocomo回線とそれぞれ回線が異なります。

しかし、どちらのキャリア回線も人口カバー率99%を超える、対応エリアの広さを有しており、さすがは日本を代表する2大キャリアの通信網です。

格安SIMを提供するMVNO(UQモバイル・楽天モバイルなど)は、キャリアの基地局・アンテナなどの通信網を利用しているので、通話品質や電波のエリアなどは、使用している回線のキャリアと全く同様ですので、その点も格安だからといって品質が悪いワケではありません。

ただし、MVNOがキャリアと異なる点は、キャリアの回線の一部を借りているだけなので、回線の性能の100%を活かせるワケではなく、実効速度に違いがあります。

その点、AUのサブブランドである「UQモバイル」やサブキャリアである「Y!mobile」は通信速度が圧倒的です。

取扱い端末と端末価格の比較

楽天モバイルとUQモバイルで取り扱っているSIMフリースマホのラインナップと販売価格を比較していきます。

UQモバイルでは、キャリアの端末サポート割引にあたる「マンスリー割」があるので、端末価格がかなり安いです。
しかし楽天モバイルも、旧端末に関してはかなり割引を効かせているので、旧端末はかなり手頃な価格設定になっています。

メーカー 端末 楽天モバイル UQモバイル
プランS プランM/L
Apple iPhone 6s 32GB 38,988円 26,028円
iPhone 6s 128GB 51,948円 38,988円
iPhone SE 16GB 13,716円
iPhone SE 32GB 108円 108円
iPhone SE 64GB 50,544円
iPhone SE 128GB 13,068円 13,068円
SHARP AQUOS sense 12,960円 108円
AQUOS sense lite 13,824円
AQUOS R Compact 51,516円
AQUOS L2 108円 108円
AQUOS SH-M04 32,184円
HUAWEI Mate 10 Pro 75,384円
P10 Plus 73,224円
P10 65,664円
P10 lite 32,378円 108円 108円
honor 9 19,224円
honor8 46,224円
nova 2 13,068円 13,068円
nova 29,916円 19,548円
nova lite 2 7,344円
nova lite 5,184円
ASUS ZenFone5 57,024円
ZenFone Max Plus 32,184円
ZenFone 4 46,224円
ZenFone 4 MAX 9,990円
ZenFone live 2,030円
ZenFone 3 37,584円
京セラ DIGNO A 7,776円 108円
富士通 arrows M04 PREMIUM 12,960円 108円
arrows M04 8,424円
arrows M03 8,316円
ONKYO S60 96,984円
HTC U11 life 32,184円
ZTE BLADE E02 842円
BLADE E01 13,824円

 

クレジットブラックでも契約可能な格安SIM・格安スマホ

クレジットブラックでも格安SIM・格安スマホは契約できる?

携帯ブラックユーザーの中には、端末の割賦代金の滞納によるブラックリスト登録でクレジットカードを持てなくなってしまった方もいると思います。
多くのMVNOでは、クレジットカードが必須となっており、クレジットブラックユーザーには厳しいのが現実です。

そこで、今回は、クレジットブラックでも、契約できるMVNOをご紹介していきたいと思います。
その前にデビットカードに関するお話を。

デビットカード契約について

2017年までは、多くのMVNOでデビットカードが利用出来たのですが、現在では大半のMVNOでデビットカードが利用できなくなっています。

デビットカード利用に一番寛容だったU-mobileを始め、IIJmio・DMMモバイル等、次々とデビットカードでの利用を禁止としました。

その背景には、デビットカードを利用し、料金滞納や端末転売等をしていた不届き者がいると考えられるでしょう。

クレジットカード不要で契約できる格安SIM・格安スマホ

先程、ご紹介したとおり、デビットカードが次々と利用できなくなったという背景もあり、信用情報がブラックとなっている方々に残された唯一の方法は、銀行振替・銀行引き落としに対応しているMVNOを選択する事です。

そこで、銀行振替やコンビニ払いでの契約に対応している格安SIM・格安スマホ業者(MVNO)をまとめて、ご紹介していきます。

1. UQモバイル

参考:UQモバイル公式サイト

一番オススメなのが、UQモバイル。
キャリアのような端末サポート割引「マンスリー割」があり、iPhone SE 32GBなどが108円で購入できるという驚異的なMVNO。

さらに最大13,000円のキャッシュバックもあり、コスパ最強なMVNOでありながら、通信速度もキャリア並に速いという驚異的なMVNO。

デビットカードはNGですが、口座振替での契約にも対応し、WEBからの申し込みが可能。

2. 楽天モバイル

参考:楽天モバイル公式サイト

来年には第4のキャリアとなる楽天モバイルは口座振替に対応しています。
端末も豊富で、端末価格も比較的安いので、オススメのMVNO。

口座振替の他、楽天デビットカード・スルガ銀行デビットカードでの支払いにも対応しています。

3. @モバイルくん(データSIMのみ)

参考:@モバイルくん公式サイト

マイナーMVNOですが、@モバイルくんも銀行口座での口座振替に対応。
音声通話SIMの契約はクレジットカードのみで、口座振替の場合データSIMのみ契約が可能です。

4. OCNモバイルONE(電話申込のみ)

参考:OCNモバイルONE公式サイト

OCNモバイルONEは、電話申し込みに限り、口座振替対応となっています。
ただし、口座振替での申し込みの場合2~3週間程度の時間が掛かるようなので、この点も注意ですね。

端末価格も楽天モバイルと同様、結構リーズナブルな価格設定なのでオススメですが、通信速度がイマイチですね。
イマイチとはいえ、一般的なMVNOと同程度の実効速度となっています。
やはり速度を求めるなら、UQモバイルがオススメ。

5. インターリンクLTE SIM(電話申込のみ)

参考:インターリンクLTE SIM公式サイト

固定IPがウリのインターリンクLTE SIMですが、その分、料金が高めかつデータ通信専用SIMのみとなっています。
支払い方法は口座振替のほか、NTT支払い(tabal・電話料金合算)にも対応しています。

6. BIGLOBEモバイル(電話申込のみ)

参考:BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイルも電話申し込みに限り、口座振替での申し込みが可能です。
また、データSIMのみ口座振替に対応していて、音声通話SIMの場合はクレジットカードが必須です。

7. もしもシークス(店頭契約のみ)

参考:もしもシークス公式サイト

店頭契約のみとなりますが、もしもシークスも口座振替に対応しています。

8. Tikimo SIM(年契約一括前払い)

参考:Tikimo SIM公式サイト

年間料金を一括前納する契約はコンビニ支払いで契約可能です。
そもそも口座振替でもないので、銀行口座が無くても申し込めるのが特徴ですが、年間一括払いというのがデメリットですね。

9. mineo(eo光契約者のみ)

参考:mineo公式サイト

mineoも口座振替に対応していますが、mineoの運営元であるケイ・オプティコムが提供する光回線サービス「eo光」契約者限定ですので、大半の方が口座振替でのmineoの契約は現実的ではないですね。

eo光自体が近畿エリア近郊のみ対応エリアとなっていますので、関東在住者の場合には、近畿地方に引っ越してeo光を契約しないとムリです。