銀行引き落とし対応MVNOの料金プラン比較│UQモバイルVS楽天モバイル

銀行引き落としに対応しているMVNOなら、クレジットカード不要な為、ブラックリスト入りしていても、契約が可能です。

そこで、銀行引き落とし対応のMVNOの中でもシェアの高い2社「UQモバイル」と「楽天モバイル」の比較をしてみたいと思います。

格安SIMシェアTOP5に入るmineoも比較対象に入れようかと思ったのですが、銀行引き落としで契約するにはeo光契約者限定という縛りがあるため、多くの方が銀行引き落としで契約出来ないため、却下しました。

UQモバイルと楽天モバイルの料金プラン比較

UQモバイルで人気の「スマホプラン」
楽天モバイルで人気の「Rakuten UN-LIMIT」を比較していきます。

容量月額料金
UQモバイル楽天モバイル
3GB1,980円
5GB2,980円
10GB2,980円

楽天モバイルは、月間5GBで2,980円。
自社回線エリアは容量消費なしで使い放題。パートナー回線エリアは5GBまで。
というちょっとトリッキーな料金設定。

ただし、自社回線エリアが驚くほど狭く、人口比率で考えたら5%ぐらいの人しか、自社回線エリアのメリットを享受できないのでは?というぐらいの狭さ。(2020年10月時点)

最新の「自社回線エリア」確認は、こちらから。
つづいて、通話料金を比較していきます。

通話料金の比較

楽天モバイルの「UN-LIMIT」が国内通話かけ放題に対し、
UQモバイルは、下記から通話オプションを選択するタイプ。

・月額500円 通話パック(2,400円分の無料通話)
・月額700円 10分かけ放題(1回10分以下の通話が無料)
・月額1,700円 24時間かけ放題(時間制限なし)

通話回数がとても少ないけど、たまに長電話する方は通話パックがお得。
10分以下の短時間通話の回数が多い方は、「10分かけ放題」

とにかく電話することが多い方は「24時間かけ放題」

もしくは、楽天モバイルと言いたい所なのですが、
仕事で通話をすることの多い方には、楽天モバイルはオススメできません。

楽天モバイルのかけ放題では、「Rakuten Link」という専用アプリを使うのですが、このアプリがまぁーー評判悪い。

アプリストアで検索してもらえればわかりますが、音質の悪さに加え、不具合てんこ盛りなので、かけ放題に魅力を感じて楽天モバイルを検討しているのであれば、再考をオススメします。

初期費用・解約違約金の比較

初期費用や解約時に発生する解約手数料を比較していきます。

UQモバイル・楽天モバイルともに、契約事務手数料・最低利用期間・解約金・MNP転出手数料は、全く同額となっており、これらに差はありません。

いつ解約しても、解約金が掛からないのは嬉しいですね!

項目UQモバイル楽天モバイル
契約事務手数料3,000円
最低利用期間なし
契約解除料9,500円
MNP転出手数料3,000円

キャッシュバック額の比較

UQモバイルと楽天モバイルはどちらもキャッシュバック・ポイントバックキャンペーンを開催しています。
UQモバイル:銀行振込での現金キャッシュバック
楽天モバイル:楽天ポイントでのポイントバック

CB比較UQモバイル楽天モバイル
CB適用ページ↑クリック↑クリック
CB適用場所WEB:○
店舗:×
WEB:○
店舗:△
CB/PB額新規:3,000円
MNP:10,000円
WEB:最大12,300P
店舗:最大9,300P
(新規もMNPも同額)
対象となる
契約種別
SIMのみ(新規&MNP)
終了日未定2020/11/4

やっぱり現金の方が嬉しいのは筆者だけでしょうか。
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」のPBキャンペーンで付与されるポイントは、付与日から6ヶ月の期間限定ポイントですので、使い忘れにご注意ください。

通信エリア・通信速度の比較

UQモバイルはau回線、楽天モバイルはau回線+自社回線とそれぞれ回線が異なります。

しかし、どちらのキャリア回線も人口カバー率99%を超える、対応エリアの広さを有しており、さすがは日本を代表するau回線の通信網です。

2020年10月時点においても、楽天モバイルの自社回線エリアは狭すぎて、話になりません。今後に期待。

格安SIMを提供するMVNO(UQモバイル・楽天モバイルなど)は、キャリアの基地局・アンテナなどの通信網を利用しているので、通話品質や電波のエリアなどは、使用している回線のキャリアと全く同様ですので、その点も格安だからといって品質が悪いワケではありません。

ただし、MVNOがキャリアと異なる点は、キャリアの回線の一部を借りているだけなので、回線の性能の100%を活かせるワケではなく、実効速度に違いがあります。

その点、AUのサブブランドである「UQモバイル」やサブキャリアである「Y!mobile」は通信速度が圧倒的です。
ただし、楽天モバイルは、au回線エリアでも比較的高速なので、実効速度で比較すると、そこまで大きな違いは無いと言えるでしょう。

契約できる格安SIMを自動判定

携帯ブラック・CICブラックとなると、契約できる格安SIMもかなり限られます。
契約できる格安SIMを自動判定いたします。
はい・いいえを選択していくだけで、結果が分かります。

電話番号の有無
電話番号を持っていますか?固定電話でも050番号でも、可能。(格安SIM申込時に入力する電話番号)

 

LINE@で有益情報配信中!
(配信頻度:年に1~2回程度…。笑)

友達登録

LINEは嫌だ!という方はコチラをどうぞ!
メルマガ登録

NO IMAGE
最新情報はコチラ!